ピラティスを学ぶ上での基礎知識

ピラティスでエクササイズ

なまった体、体が硬くなっているならばエクササイズをすることがとても役立ちます。エクササイズで肩こりの解消にもなりますし、ストレスが溜まったときにも効果的です。

 

 

 

エクササイズにはいろいろなやり方があるものですが、ピラティスをやってみるのもオススメです。体の中心を使うインナーマッスルのエクササイズになり、特に体の中心にある筋肉を使うことになります。

 

 

 

普段使わない筋肉を動かすことが体にとても良く、姿勢も良くなります。

 

 

 

そしてピラティスはヨガと似たようなものと思うかもしれませんが大きく異なっています。まず呼吸法が違います。そしてピラティスは常に動いてエクササイズしますが、ヨガの場合は静止することが多いです。そしてピラティスは筋肉を鍛えることに重きを置いたエクササイズですので、精神面を鍛えるヨガとは大きく異なっています。

 

 

 

ピラティスをすることで、姿勢が良くなりますので、きれいに見えるようになります。筋肉が鍛えられて健康になります。そして体のバランスが改善されて、体調が良くなっていきます。ピラティスはする価値があるエクササイズです。

ピラティス体操のメモを発見

部屋の引き出しを整理していたら、バランスボールを利用して出来るピラティスを取り入れた簡単なストレッチ体操を図入りでメモした紙切れが出てきました。

 

ピラティスって何年かまえに流行していて、そのときに書いたものみたいです。

 

バランスボールもおなじころに購入したものがあったので、久しぶりにピラティス体操をやってみることにしました。

 

 

 

ピラティスにはヨガのポーズや動きなどがふんだんに取り入れられていて、ヨガとおなじようにそれほど激しい運動をしなくても身体を鍛えることができるので、自宅に居ながらできる運動にぴったりですし、ダイエットにも効果があるということで人気が出ていたのですが、私はやっぱりもともと面倒くさがりなので続けることが難しいんですよね。

 

 

 

そういったわけで、メモまで書いていたのにピラティス体操はしばらくやっていませんでした。

 

しかし、最近は当時よりも年齢も上がっていて、むかしは身体が柔らかかったのにここのところ身体がけっこうこわばってきて硬くなってきていることに気が付きました。

 

 

 

せっかくですから、これを気にもう一度ピラティスにチャレンジしてみることにします。

 

 

 

腹筋プルプル、初めてのピラティス体験

大学生の時に友人に誘われて無料のピラティス講座に行ったときの話です。

 

当時私が通っていた大学のスポーツ施設では一般の方も参加できる様々なスポーツプログラムを無料で行っており、ピラティスもその一つでした。まったく体力に自信のない私なのですが、『初心者でも簡単』『無料』という友達の甘言に乗せられてホイホイと着いて行ったのでした。

 

ピラティスの教室は、どこかの民族音楽のようなBGMが流れ、マットを腰の下に敷いた参加者で既にいっぱいでした。こっそり周りを観察すると、学生よりは一般の方の方が多く、意外にも結構なお年を召した男性の方をちらほらとみかけました。

 

ピラティスは始まってみると、インストラクターの示す様々なポーズのお手本を呼吸を整えながらまねするという比較的簡単なもので、楽しみながら色々なポーズをしていました。

 

ところが簡単だと思ったのは前半だけで、インストラクターの示すポーズは次第に難しいものになっていきました。私の腹筋は小刻みにプルプル震え始め、息も次第に上がり、あるポーズをとった時に腹筋のプルプルは最大となり、がくがくして姿勢を保つことができずに、とうとうバタンと大きな音を立ててひっくりかえってしまったのでした。

 

周囲からはもちろん大注目され、赤くなった顔を上げられませんでした。おじいさんなのに、全くプルプルすることもなく姿勢を保持して私の方を見ていた参加者の方のビックリした顔が忘れられません。

 

講座が終了し、友達と素早く教室を飛び出しましたが、もちろんそれ以降は無料でもピラティス講座には行っていません(笑)。

 

初めてのピラティス体験