ピラティスとヨガの類似性と違いとは?

MENU

ピラティスとヨガの類似性と違いとは?

私は、ピラティスの教室に通っています。ピラティスを始めたきっかけは、以前ヨガ教室に通っていたこともあり、ピラティスにも興味を持ったことでした。ヨガとピラティスは似ているものですが、より体を鍛えるということに特化したものがピラティスです。そのため、体の内面の筋肉であるインナーマッスルを鍛えることができ、表面的な筋肉ではなく質を高めることが出来るのです。

 

一方でヨガは、体のストレッチに特化したものです。筋肉をほぐし、心身ともにリラックスできることに力点を置いたものです。ピラティスとヨガには類似点も多いのですが、体のインナーマッスルを鍛えるという点で大きな違いがあります。

 

そのため、ピラティスでは運動のために補助器具を用いて運動を行います。この点が、一般的なヨガとの大きな違いでもあります。

 

こうしたことから、ピラティスは「キツい」とか「初心者には難しそう」というイメージを持たれてしまいがちですが、そんなことはありません。もともと、ピラティスは病気の療養を目的とし、健康を維持したいという思いから考案された運動です。自分のレベルに合ったトレーニング方法を行うことで、体のコンディショニングを整えることができます。

 

ピラティスとヨガ