ウエストや腰の辺りを伸ばすソー

MENU

ウエストや腰の辺りを伸ばすソー

ピラティスのエクササイズの中で「ソー」は、ウエスト・腰・腿の後ろを伸ばし、また深い呼吸を行うことによって肺の中を浄化させることができます。
ソーとはのこぎりのことであり、手と足を広げて、手をのこぎり、脚を板に見立てるエクササイズです。

 

まず、マットの上に背筋を伸ばして座ります。上半身はまっすぐ背伸びをするようにして、脚は腰の幅より少し広めに広げるようにします、腕は目いっぱい横に向けて広げるようにしてください。つま先は天井に向けます。

 

そして息を吸いつつ、ゆっくりと胸椎から上体をひねります。腕は脊柱の回旋の動きに一緒についてくるようにしてください。
身体前方に移動してきた腕が、反対の脚の真上に来る状態を目指して動かします。

 

そして息を吐き、背骨をゆっくりと前へ丸めながら倒し、前方の腕を足の小指に向かって伸ばします。
そして息を吸いつつ、対角線を保ったまま、椎骨をひとつずつ起こしていき、座った状態に戻り、身体をひねって元の状態に戻してください。
身体に痛みを感じるときは、膝を少し曲げたりタオルなどをお尻の下に敷くといいでしょう。