ヨガとピラティスの大きな違い

MENU

ヨガとピラティスの大きな違い

体幹筋を鍛えるエクササイズとしては、ヨガやピラティスが広く知られていると思います。もともとピラティスはヨガの原理を受けて作られている部分が大きく、この2つのエクササイズには広く通じている点が多数あるそうです。ただ、当然ヨガとピラティスでは違うエクササイズになっていて、全く似ていない部分もあるのです。

 

例えば、ヨガは基本的に腹式呼吸で行われています。ヨガの基本的な理念の1つに、自身と自然を一体化させるような仏教に通じるような考え方があります。その為深い腹式呼吸で世界と自身の精神を通じさせるという方法が根本にあるわけなのですが、ピラティスは腹式呼吸では行いません。むしろ、腹式呼吸と対を成すと考えられていることが多い胸式呼吸で行います。

 

胸式呼吸でエクササイズを行うピラティスは、交感神経の働きを強める効果があります。瞑想と似た性質を持つヨガと違って、体を鍛えることを基本的な目標として捉えている為です。交感神経が活発になることで頭もすっきりとしてくるし、体幹筋を鍛えることもできるのでバランスの良い体作りも可能になるのです。こうした全く逆とも言える点もあるので、体を鍛えたい方はピラティスの方が適していると言えますね。